今日行った被災地での話



今日は石巻市、東松島市、仙台市と沢山の安置所を回りました。いまだに身元がわからない仏さん、火葬を待つ仏さんが、数えきれないほど…
棺も間に合わず、布にくるまれたままの方も多くいました。
仏さんの顔はいずれも、まだ家族に会えず、家にも帰れず「帰りたい」と叫びながら、泣いているようでした。
沢山のご遺体にお経をあげました。たぶん数百人にさよならの挨拶をしたと思います。
なんだかとても胸が苦しくなりました。
そんな中嬉しいことも沢山ありました。
とある避難所はお寺でした。沢山の方が避難していました。
そこのリーダーさんいわく、両親に先立たれた子供もいるとのこと…
辛いお話でしたが、子供達を見ると笑顔で元気に遊んでいました。
家族のように血ではつながってないけれど、それより深い隣同士、仲間同士の絆を感じました。
また皆さんとても親切な方で、快く持っていったシャボン玉を受けとってくれました。さらに
「今日は子供の誕生日会を開くので、プレゼントにシャボン玉を贈ることができます。ありがとうございます」
と、お礼の言葉をいただきました。
この時シャボン玉持ってきてよかったと改めて実感しました。
こちらこそありがとうございました。
まだ時間はかかると思いますが、みんなの力できっと立ち直ると思います!
今日は【絆】の大切さ、力を身をもって感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上総國長生不動尊 弘行寺(ぐぎょうじ)
〒299-4414
千葉県 長生郡 睦沢町 下之郷 1875