春はもう少し

湯島
心城院
先日、湯島天神さんにお参り行ってきました。
やはり湯島天神さんといえば「梅の名所」
写真におさめてきましたが…
まだ2分咲きから3分咲きといったところでしょうか!?
2枚目の写真は天神さんから、御徒町方面に下ったところにある「心城院」(湯島聖天)さん
ご本尊さまは霊験あらたかな聖天さまと十一面観世音菩薩さま
昔は宝珠弁財天堂と称し、湯島天神さまの一堂宇であったようです。
江戸時代、享保年間には富くじを発行し、江戸の「三富」(他に谷中感応寺、目黒滝泉寺)の寺としても有名です。
また江戸名水の一つ「柳の井戸」があることから「柳井堂(りゅうせいどう)」と称され、この井で女の髪を洗えば如何ように結ばれた髪も、はらはらほぐれ、垢落ちる。とされ、現在はパワースポットとして知られています。
余談ですが、私がいつもお世話になっているご住職がお守りしているお寺でもあります。
これからだんだんと春を感じる季節になりますね。
もう少し暖かくなってきたら、湯島天神さん、心城院さんにお参りして、花見に出かけてみるのもいいかもしれませんよ!!
合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上総國長生不動尊 弘行寺(ぐぎょうじ)
〒299-4414
千葉県 長生郡 睦沢町 下之郷 1875